コーデュロイやベッチンは手のかかるテキスタイルである。糸素材を選び、テキスタイルを設計し、布を織って、パイルを切る。さらに経糸(たていと)のノリを抜き、パイルを解きほぐし、無駄毛を除去するために800度に熱したローラーに布の表面を接触させる。そして、漂白し、染色し、柔軟などの仕上げ加工を施す。福田のコーデュロイは、1世紀の歴史を経てなお、新しい挑戦を続けている。世界に向けて新しい感動を届けたいと願う生産者のこだわりを紹介します。